7月 2015 archive

予防が大事なのが妊娠線のこと~出来てからでは遅いかも

無理なダイエットで確かに急激に痩せることが出来たとしても、予期せぬことが起こりえるから注意が必要です。
お腹周りが痩せてくると、なんだか肉が割れてるようなヒビのようなのが入ってしまっていることもあったり。もちろん絶対できるかというと個人差はあるでしょう。
それは妊娠線でも一緒で、お腹が急激に大きくなって皮膚が引っ張られて、出産後になると、伸びきった皮膚が元に戻らなくなってしまうのであろうと考えます。
できてしまうと、それを回復することは容易なことではないですし、無理だという人もいます。
それなら予防に徹するしかないのではないでしょうか。普通のクリームを使うでもいいのですが、やっぱりおすすめは、妊娠線予防クリームではないでしょうか。特化してるわけですから、ちゃんと考えられて作られていると思います。

シミでも一緒のことが言えるかもしれません。シミを消すことは簡単ではありませんから、紫外線の対策をしておくほうが懸命だと思われます。
しかし、私がそうなのですが、何か問題が起こる前に対策をすることはとても難しく感じます。いざシミが濃くなってきたらなんとかしたい、改善したいと思うわけですが、実際そこから元の状態にするのは至難の業ではないでしょうか。
地道なことではありますが、どういう肌のトラブルに関しても、出来るだけ詳しい知識を持ち合わせることによって、そうならいないようにすることです。妊娠線は特に厄介でして、なった人しか分からないかもしれませんが、見た目的にもいそうですし、自分的にも気分がいいものではありません。見られてると思うと恥ずかしい気持ちにもなりますから、水着を着ることが嫌になりそう。
妊娠線で悩む女性

妊娠線予防クリームは保湿効果で十分なのか

妊娠線予防クリームなんて買わなくても、保湿クリームをタップリ塗ればそれでいいじゃないかという意見があるのは確かだと思いますよ。実際知恵袋とか読んでいてもそう書かれている回答はありましたから。
もちろん、それも一人のユーザーの話しだから、現実は、妊娠線予防クリーム、例えばエーエフシーのとかベルタのとかがいいって意見もあるから、自分で決めるべきよね。
確かに妊娠線が出来ると、酷いのだったら、かなりくっきり出来てしまうからね。画像とか写真見るとちょっとびっくり驚くくらいだもんね。
どこかのサイトで紹介されてたのだって、本当に私に効果があるかは分からないから。